前へ
次へ

通販のいいところと悪いところは

通販を利用する場合のいいところは自宅から動くことなく買い物を済ませられることです。
そのために心身の状態が悪くて外出がままならない人、過疎地などで実店舗が遠すぎる人などは大いに重宝することになります。
また日本の通販は代金引換制度が普及しているので、代金引換手数料が発生しても現金決済で買い物できる利便性も備えています。
しかし反対に悪いところとしては、実際に商品を詳細に自分の目で見て触ってなどで確認できません。
だから下手すれば見た感じと全然違っていたと落胆するかもしれません。
特に衣類などは試着もできないのでサイズが合わなくて失敗したなんてこともよくある話になってしまいます。
その通販は基本的に自宅が商品の到着場所なので、商品が来る時間帯に自宅で待ち構えていなければなりません。
商品の届く時間帯がいつなのかを予告する配送システムの整備が要求されることになります。
これがないとずっとひたすら待ち構えておかないと、商品が届く時間帯に留守して再配達の手間がかかるからです。
また自宅が受け取り場所だと具合が悪い場合には一部の配送システムを除いて基本的にあきらめるしかないのも現状の課題です。

Page Top